髪のお悩み解決教室

髪のトラブル改善を目指すサイト

40代更年期の抜け毛がひどい!このまま薄毛はなるの?

40代更年期の抜け毛がひどい!このまま薄毛はなるの?

40代前後に多くの人が表れる体の変化。その中でも女性にとって髪に対する変化には敏感になります。そこで、更年期に表れる抜け毛、薄毛についての疑問を解決するために、詳しく調べてみました。

更年期に抜け毛、薄毛がひどいのはなぜ?いつまで続くの?

女性の体の営みを調整しているのは、卵巣から分泌される女性ホルモンで、これは年齢によって分泌量が大きく変化します。卵巣の働きは25歳の頃がピークで、その後は卵巣は少しずつ小さくなり、働きも弱くなってきます。そして、40歳過ぎると急激に卵巣の働きは、低下して女性ホルモンの分泌量も激減します。

この時期が「更年期」の始まりなのですが、よく閉経した後のことを指すと思っている人が多いのです。ところが、医学的には閉経をはさんで前後5年間くらいの約10年を「更年期」と言います。日本の女性の平均はだいたい50歳なので、一般的に45歳~55歳ごろが「更年期」に当たります。

更年期には、女性ホルモンの分泌量が急激に減少するため、ホルモンバランスが崩れて、体内の環境が大きく変化します。そのため心身に様々な異常を感じるようになるのです。それが、「更年期障害」です。ですが、「更年期」が終わると、卵巣から女性ホルモンが全く分泌されなくなり、体もその女性ホルモンが少ない状態に慣れて、更年期障害の症状は多くの場合、治ってきます。

ですから、女性ホルモンの中の特にエストロゲンは、髪の毛を保持するために大きく関わっているため、更年期は女性ホルモンの減少によって、今までのホルモンバランスが崩れて、髪質が変わったり、抜けやすくなってしまうのです。

更年期の抜け毛、薄毛で病院に行ったほうがいいの?

更年期には、さまざまな不調が起こりやすく、ホルモンバランスが崩れ、病気も起こしやすい時期です。その理由は、脳の視床下部からの指令によって下垂体、卵巣と連携して、今まで排卵をめぐるプロセスの中で女性ホルモンは分泌量が毎月調整されていたのに、卵胞の数が加齢とともに減ることで、卵巣からの女性ホルモンが分泌されなくなるため、その連携がうまくいかず、視床下部はとても混乱するからです。

この視床下部は女性ホルモンの分泌のほかに、自律神経系をはじめ、内分泌系、免疫系など体の重要な働きをするコントロールする役割を担っているので、この視床下部が混乱すると体のあちこちに影響が出て、体の不調が起こるのです。

ですから、人それぞれ抜け毛、薄毛になる原因は違います。この時期の抜け毛や薄毛は、単にホルモンバランスの乱れによるものと自己判断しない方が、改善には近道です。そこで、隠れた病気を併発していないか、婦人科、内科で一度調べてもらうことです。それから皮膚科や抜け毛、薄毛の専門を受診しましょう。

そこで、原因がホルモンバランスの乱れによるもので、さほど深刻でない場合は、加齢による自然現象ですから、医師のアドバイスとともに、食生活や生活リズムを整えたり、サプリメントを活用したり、ヘアケア用品の見直しをすると良いでしょう。

更年期の抜け毛、薄毛にはどんなサプリメントを選んだらいいの?

更年期に限らず、まずは栄養は食事から取ることが大前提です。それから、足りない栄養素を補いましょう。そこで、更年期に補充した方がいいのは、女性ホルモンのエストロゲンに似た働きをする大豆イソフラボン。もちろん食事においても、大豆製品(豆腐、納豆、味噌など)を積極的に取ることは大事です。

ですが、体調を崩しやすい更年期には、食事のみで栄養を十分に取れないこともあるため、上手にサプリメントも利用すると良いでしょう。ただし、通院中の場合は、処方された薬との兼ね合いもありますから、医師にも相談してみる方が安心です。

他にも髪に良いとされる良質なタンパク質や亜鉛、カルシウム、ビタミンC、Eなどもサプリメントで補うと良いでしょう。普段のあなたの食生活を見直しながら、あなたの体調とも相談し、サプリメントも利用してみましょう。

更年期の抜け毛、薄毛にプラセンタが効く!?

「プラセンタ」とは、胎盤のことです。母親の体内で赤ちゃんが成長するため、へその緒を通じて酸素や栄養を届けるために重要な役割をするものです。そのため、胎盤には細胞を活性化させたりする栄養素(アミノ酸、ビタミンなど)がたくさん含まれています。そこで、胎盤から抽出されたエキスによって、健康や美容に活用されています。

その中で、人の胎盤から抽出されたヒトプラセンタは医療品として、病院でプラセンタ注射として体内に取り入れ、更年期障害をはじめ、さまざまな病気の症状にも効果が報告されています。また病気治療として、更年期障害の場合、保険適用されることもあります。

また、プラセンタも豚や牛の胎盤から抽出されたものもあり、健康食品や化粧品として販売されています。病院へ行くほどではないけど、何となく体調が気になる、美容のために、という場合は試してみるのもいいでしょう。

更年期の抜け毛におすすめのシャンプーってあるの?

一般的には加齢とともに、頭皮は乾燥しやすくなってきます。ですから、あまり洗浄力が強いと頭皮の皮脂が少なくなり過ぎてしまい、さらなる乾燥を呼びます。そして、皮脂によって守られていた頭皮が無防備な状態となり、頭皮が傷つきやすく、頭皮環境に良くありません。

ですから、まずは洗浄力の強い高級アルコール系シャンプーは避けた方がいいでしょう。そこでアミノ酸系シャンプーなら、洗浄力も強くないので、頭皮への刺激も少なくて済みます。なかでも弱酸性のものを選べば、なお安心です。

やっぱり更年期の抜け毛には育毛剤を使うべき?

育毛剤は、頭皮の保湿や血行促進、殺菌などの頭皮環境を整えるのが目的で、商品によって配合成分が違います。たまたま頭皮環境が良くなって、髪の毛が生えてくることはありますが、育毛剤はあくまでも頭皮環境を整えるもので、発毛効果があるとは言えません。

発毛効果を期待するのではあれば、現在「医薬品」として認められているミノキシジルが配合されている発毛剤を使うべきです。ところが、副作用も強く、女性は低濃度のものを使用しなればなりません。もしミノキシジル配合のものを使いたいのなら、女性用を使用しましょう。

ところが、育毛剤や発毛剤を使用するにしても、その成分があなたに合っているかは、しばらく使ってみなければ分かりません。特に発毛剤はいくつかの副作用も心配されるため、ホルモンバランスが乱れている更年期に使用する時は、医師など専門家に相談してからの方が安心です。

育毛剤で頭皮環境を整えるのもひとつですが、更年期の時期は体も皮膚もデリケートになっていますから、オイルなどで頭皮マッサージをしたり、食事やサプリメントなどで対応することも対処法のひとつです。

まとめ


女性の更年期は閉経を挟んだ前後5年、つまり10年ほどはホルモンバランスが乱れ、不調の表れ方もかなりの個人差があります。ですから、あまりに気になる症状がある場合は早めに医師へ相談する方が、この時期の不調を軽減して過ごすことが出来ます。

ですから、ホルモンバランスが乱れている更年期に、無理は禁物です。そこで、髪や頭皮に強い刺激を受けると思われることも避けた方がいいでしょう。

そこでまずは、食生活や睡眠時間の見直しをしてみましょう。さらに適度な運動も取り入れると良いでしょう。そうすることで、ストレス解消になりますし、血液の循環も良くなり、頭皮にも酸素や栄養が届きやすくなります。

この更年期の時期は、あなたの体調に合わせて抜け毛、薄毛の対処が必要です。ここで無理をすると、今後の髪の毛だけでなく、あなたの体にも悪影響を及ぼし、長引いたり、悪化することもあります。自己判断せず、医師や専門家に相談しながら、この時期を乗り越えていきましょう。