髪のお悩み解決教室

髪のトラブル改善を目指すサイト

更年期の抜け毛、薄毛対策とは?

更年期の抜け毛、薄毛対策とは?

40代を中心に悩みが多くなる更年期の体の不調。その中には、抜け毛や薄毛に悩む人も少なくありません。そこで、ここでは更年期に悩む女性のための薄毛や抜け毛について調べてみました。

更年期と薄毛や抜け毛って関係あるの?更年期に薄毛になりやすい人とは?

よく更年期と言うと、閉経後の体の不調と誤解している人も多いのですが、特に体の不調を感じられなくても、実は医学的には閉経前5年と後の5年の前後の期間頃約10年間のことを指します。ですから、女性は閉経前にもすでに閉経に向けてホルモンバランスが崩れやすくなるのです。

そこには、髪の毛とも大きく関わってきます。元々髪の毛の維持は、女性ホルモンのエステロゲンによるものが大きいのです。ところが更年期の頃になると、このエストロゲンが急激に減少し、その分男性ホルモンが優位になってくるので、一気に頭皮環境も変わって、髪の老化も進みます。

そこで、若い頃に比べて髪が細くなったり、髪のハリやコシが無くなってきたり、さらには髪のパサつきが出てきたりするのです。そうして、このホルモンバランスが乱れるこの更年期の時期には、抜け毛が急激に多くなったりすることで、薄毛に悩まされる人も出てくるのです。

しかし、この更年期の時期に、抜け毛や薄毛になりやすい人というのに、明確な要因を挙げることは出来にくいのです。それは、ホルモンバランスの乱れ以外にも、抜け毛や薄毛の原因は、様々な要因が重なって起こるからです。ただ一般的には、ホルモンバランスの乱れを緩和することが、更年期の抜け毛や薄毛対策のひとつになるとは言えます。

更年期の薄毛の原因は頭皮環境にあるって本当なの?最近フケが増えたのはなぜ?

更年期の頃は、今までと違ってホルモンバランスが乱れることによって、頭皮環境も変わってきます。一般的には、加齢と共に頭皮が乾燥しやすくなるのですが、中には男性ホルモンが優位になることで、頭皮の皮脂量が増え、逆に脂っぽくなる人もいます。

どちらにしても、頭皮の新陳代謝(ターンオーバー)のリズムが、ホルモンバランスの乱れによって、狂ってしまうことで、フケの量が増えたり、未熟な細胞まで大きな塊となってフケが目立つこともあります。

ですから、一般的には加齢に伴って頭皮は乾燥しやすくなりますから、頭皮の適度な皮脂量を保つためにも、保湿ケアを心がけるようにすると良いでしょう。

逆に、頭皮が脂っぽい人は、きちんと1日1回シャンプーを丁寧に行なうことです。脂っぽいからといって、1日に何度もシャンプーをするのは、かえって頭皮を守ろうとさらに皮脂が過剰分泌して、悪循環になることもあります。さらに適度な皮脂量が保ちにくくなることで、頭皮環境が悪くなり、かえって乾燥を招く結果となることもあります。

更年期の薄毛対策に行くべき病院とは?

まず更年期に、抜け毛や薄毛が気になる場合は、婦人科の受診をしてみると良いでしょう。なぜなら、更年期の頃の体の変化は、ホルモンバランスの変化によるものが多いからです。そしてその症状のひとつとして、髪に表れることがあるからです。

まずは、婦人科の医師に相談して、それから他の病院を勧めてもらうと良いでしょう。場合によっては、精神的なものであったり、あるいは内科的な原因が潜んでいることもあります。

とにかく、更年期の時期は体も心も体調を崩しやすい時期ですから、ひとりで悩まずに気軽に受診してみることが、薄毛、抜け毛対策の第一歩となります。

さらに、どうしても抜け毛や薄毛について気になる場合は、髪の専門医を受診することも出来ます。でも、これには時間と費用がかかるということは理解しておきましょう。

更年期の薄毛に効く薬ってあるの?

女性の薄毛には、「男性型脱毛症」、「休止期脱毛症」、「加齢変化」の3つに分けられます。そのうちどのタイプになるのかを見極めるには、一度医師の診断を受けることです。このタイプによって対処法は違ってきますから、当然薬も違います。

そこで、更年期の薄毛や抜け毛対策のひとつとして、まずはホルモンバランスを整えることです。それには、まず婦人科の医師の診断が一番の近道となります。その上で処方される薬のものとして、ホルモン補充療法(HRT)があります。これは、更年期障害に対して処方される最もポヒュラーな方法です。

このホルモン補充療法(HRT)とは、減少した女性ホルモンのエストロゲン(卵胞ホルモン)を補充する療法です。さらに、子宮がまだある場合には、黄体ホルモン(プロゲステロン)も一緒に投与します。薬の種類としては、内服薬と経皮薬(塗り薬と貼り薬)とがあります。

更年期の薄毛対策に良い育毛剤とは?

一般的に男性用育毛剤は多く売られていますが、女性の薄毛についての研究は残念ながら、男性に比べてずいぶんと遅れています。そのため、まだまだ女性専用の育毛剤の種類は多くありません。

だからといって、男性用育毛剤をむやみに使用するのは、ホルモンバランスによって崩れた更年期には良くありません。それは更年期でホルモンバランスが乱れ、体調がすぐれない時期ですから、男性用育毛剤を使用するのは、刺激が強すぎて逆効果となる場合が多いからです。

一般的にも男性用育毛剤は、女性にとっては刺激が強く、場合によっては危険なこともあります。

もし、育毛剤を使う場合は、きちんと処方されたものや女性専用のモノ、もしくは男女兼用の育毛剤を使用しましょう。ですが、育毛剤もひとりひとりの髪質や頭皮の肌質などとの相性もありますから、一概にコレ良いという育毛剤がないのが現状です。

ですから、なるべくこの更年期の時期は、刺激が少ない育毛剤を気長に試して、自分に合ったモノを探していくしかありません。仮に自分に合った育毛剤を見つけたとしても、日々体質が変化していく更年期の時期は、状況によってはすぐに合わなくなってくるということも忘れてはなりません。

女性の更年期の薄毛対策に摂るといいサプリはどんなもの?

サプリメントは足りない栄養分を補うために摂るものですから、更年期に限らず、まずは食生活を見直し、「炭水化物、タンパク質、脂質、ビタミン、無機質」の5大栄養素をバランスよく摂ることが大前提です。

そこで女性の更年期に、特に摂ると良いとされるサプリメントは、ホルモンバランスが崩れているこの時期、女性ホルモンと似た働きをするとされている大豆イソフラボンが挙げられます。

もちろんこの大豆イソフラボンを摂るために、大豆製品(豆腐、納豆、味噌など)を食べられれば良いことなのですが、更年期の時期に体調を崩して、食事のみで栄養を十分に取れないこともあるため、サプリメントを上手に利用するのも良いでしょう。

他にも、髪に良いとされるタンパク質では、肉類、魚介類、卵、乳製品などの動物性タンパク質と米、小麦、大豆などの植物性タンパク質とがあり、髪のつくる上での原料となります。

また亜鉛は、髪の主成分となるケラチンの生成を促進させるため、大事な栄養素です。さらにこの亜鉛には、薄毛の原因となるジヒドロテストステロンに変化させる5aリダクターゼという酵素を抑制する働きもあると言われています。

亜鉛が不足すると、この髪の主成分となるケラチンの生成が滞り、髪にハリがなくなったり、ヘアサイクルが乱れたりするため、弱った更年期の時期には摂っておきたい栄養素です。

さらに、更年期になると急速に不足しがちなカルシウムも、積極的に摂りたい栄養素のひとつです。カルシウムを摂ることで、骨粗しょう症の予防に効果的なだけでなく、精神も安定させ、イライラを抑制する効果もあるのです。

更年期の抜け毛や薄毛には漢方は有効なの?

漢方薬は体全体の体調を整えるのに役に立ちます。それに、薬のような副作用があまり多くないので、試してみようという人も多いと思います。ですが漢方薬でも、やはり自分の体質に合わないと下痢やしっしんなどのアレルギー反応を示すこともあるので、きちんと病院で自分の体質に合うものを処方してもらう方が安心です。

デメリットとしては、体質改善のためには長期間飲み続けることが前提となってきます。ですから、更年期における他の気になる症状とともに薄毛、抜け毛対策として続けるのも良いかもしれません。

更年期の抜け毛や薄毛は治る?

女性の薄毛の「男性型脱毛症」、「休止期脱毛症」、「加齢変化」の3つタイプのうち、更年期の抜け毛や薄毛は「加齢変化」によるものに分類されることが多いと言えます。

ですから、きちんと早めに対処すれば、抜け毛や薄毛は軽減されることが多いのです。まずは、自己判断せずに医師からのアドバイスを貰うことが早期改善に繋がります。

さらに、今までの食生活や生活習慣を見直すことも重要です。今後加齢に伴い、様々な病気を引き起こさないためにも、この更年期の時期に髪のために良いとされることは、体にも良いことです。新たな習慣をこの時期に身に付けておきたいものです。

まとめ

髪の健康を維持するためには、女性ホルモンが重要なカギを握っています。そこで、ホルモンバランスが崩れやすい更年期には、体の不調と共に、髪のトラブルに悩まされることもあります。

特に更年期の時期の薄毛、抜け毛についての対策としては、きちんと丁寧にシャンプーをすることです。そして、ひとりで悩まずに、まずは婦人科の医師に相談してみることが、早期に改善する第一歩となります。

また、自己判断による育毛剤やサプリの使用は危険です。まず婦人科の医師に相談した上で、精神的、内科的要因も調べてみるのも、うす薄毛や抜け毛対策しやすくなるかもしれません。

本来、薄毛、抜け毛の原因は人それぞれ違いますし、1つの要因だけではないことが多いのです。ですから、更年期という時期はさらに原因を1つに絞ることは難しいとされます。

まずは、髪を清潔に保ち、良くない生活習慣を見直しながら、バランスの摂れた食事をするようにしてみましょう。そうやって焦らず、ひとつひとつ分かった要因から気長に改善していくことが、結果として改善する近道となります。