髪のお悩み解決教室

髪のトラブル改善を目指すサイト

薄毛のやばい噂はウソ?ホント?

薄毛のやばい噂はウソ?ホント?

薄毛は遺伝するの?

たしかに髪の毛の太さや髪の量は遺伝する傾向があります。また、薄毛については男性の場合に遺伝的要因が多く、女性の場合は遺伝による影響は少ないようです。ですが、男女ともにホルモンによる影響は多いようです。

男性特有の薄毛が進行する要素として、まず男性ホルモンの1種であるテストステロンが5αリダクターゼという酵素が結びついた時に生成されるジヒドロテストロン(DHT)あげられます。このジヒドロテストロン(DHT)が髪の細胞内のアンドロゲン受容体と結びつくことで髪の成長を低下させてしまいます。これがAGA(男性型脱毛症)と呼ばれているものです。

逆に女性特有の薄毛の原因としては、女性ホルモンが乱れる時期とされる妊娠、出産、更年期などをキッカケに薄毛となる人もいます。また女性は冷え性や貧血などを持つ人が多く、血行が悪いという観点から頭皮への栄養状態が悪くなり、薄毛の原因とされています。

薄毛の原因は何?

薄毛の原因は遺伝的なものやホルモンバランスの他に、生活習慣やストレスからくるものもあります。また年齢を重ねると、髪の一生のヘアサイクル「成長期→退行期→休止期」の成長期が短くなり、太く強くなる前に抜け落ちてしまうため、男女ともに40代頃から髪が細くなり、量も少なくなります。

薄毛と脱毛症との違いは?

薄毛は年月をかけながら、生え替わる間に段々と髪が細くなり、その寿命が短くなることで、頭皮の透ける範囲が広がっていきます。一方脱毛症の場合は、成長の途中で髪が一気に抜けて生え替わらず毛がなくなっていく症状でです。ですから薄毛と脱毛症の対処法は違ってきますので、気になる時は1度皮膚科の医師に相談しましょう。

ショートヘアの方が薄毛予防になる?

確かにあまり髪が長いと髪の重みで毛穴に負担がかかるので良くありません。また髪が長い分栄養分が行き届きにくいということはあります。その点ショートヘアの方が洗いやすさ、乾かしやすさ、ブラッシンのしやすさという点でお手入れがしやすいので髪や頭皮を清潔に保ちやすいという利点があります。ですが、良い生活習慣と正しいお手入れを続けていれば特に髪の長さを気にする必要はありません。

ワカメを食べると髪が増える?

ワカメや昆布が髪にいいと言われて育った人は多いと思います。よく髪にいいものの代表として海藻類があげられますが、これらを多く取ったからといって髪の量が増えるというわけではありません。海藻類がいいとされるのはミネラル類、特にヨウ素を多く含んでいるからです。このヨウ素は髪の発育を促す甲状腺の働きを高めてくれるのに大切な役割をするのです。